宝石・メガネ・補聴器のナカムラ

伊那市 宝石・メガネ・補聴器のナカムラ

メガネ
  •  

    メガネは単に「よく見える」とか「お洒落だ」とかだけではなく、長時間使用し続けても疲れず快適でなければあなたにとって良いメガネとはいえません。
    「近視」「遠視」「乱視」「老眼」・・・・メガネには色々ありますが、あなたにとって最適且つ快適なメガネは世界でただ一つです。
    どんなに視力測定をしっかりしても使用目的に合わないレンズでは意味がありません。

  • 認定眼鏡士

    あなたの視生活を守る大切な道具となるこだわりのメガネを造るには、

    1. 適切な視力測定
    2. 使用目的やライフスタイルに合ったレンズ選定
    3. フレーム選び及びレンズレイアウト
    4. 適切な加工
    5. 出来上がりメガネのフィッティング

    等々の専門的な知識と技術が必要なのです。
    今は検眼機や加工機の発達により、簡易的で安易なメガネ造りをするお店が増えている気がします。
    ナカムラでは基本を重視し、見易く使い易いメガネ造りに従事したいと考えます。
    また、一般の方がそういった技術的なものを確認できる術として「認定眼鏡士制度」があります。
    ナカムラは「認定眼鏡士」がいるお店です。
    「認定眼鏡士」についての詳しい事はこちらをご覧下さい 。

メガネのあれこれ

レンズのあれこれ

  • 遮光レンズ

    アイケアレンズ

    眼の健康、予防を考えた事ありますよね
    光からもっと眼を守るレンズが登場です
    有害な光によって眼はストレスにさらされ、眼の中にある「ルテイン」という色素が減少。そのため眼の健康を脅かす可能性があるともいわれています。
    そこでこの「ルテイン」を保護し、光からもっと眼を守るケアレンズ‘‘ルティーナ‘‘ おすすめです
    下バナークリックで「ルティーナ」詳細ページへ飛びます。

  • 遮光レンズ

    遮光レンズ

    多くのサングラスはファッション性を重視するため時として見え方を犠牲にすることがあります。
    TOKAIの遮光レンズは目に入る光を選択し眩しさの要因となる光はカットし明るさを感じるために必要な光はなるべく取り込むことができるため、同色・同濃度のサングラスに比べ明るさを確保します。
    眼鏡の上から装用可能な遮光オーバーグラスが好評です。
    下バナークリックでTOKAIのホームページへ飛びます。

  • 脳科学メガネレンズ

    脳科学メガネレンズ

    東海光学㈱の遠近両用レンズです。メガネ業界初となる脳科学を取り入れたレンズ。
    ☆初めて遠近を装用される方
    ☆遠近両用メガネを作ってみたがどうしても慣れずに遠近をあきらめていた方

    にも非常に使いやすく違和感が少ないと好評です。是非お試しください。
    下バナークリックで脳科学メガネレンズの詳細サイトへ飛びます。

  • 脳科学メガネレンズ

    ニコン眼鏡史上最高の老眼対策レンズ

    ニコン光学設計者の頭脳を受け継ぐレンズ設計がさらに進化
    ☆どんな年齢でもどんなライフスタイルにもスムーズにピント合わせができます
    ☆センチュリーAIシリーズ  日本製メガネレンズ
    ~裸眼のような自然な見え心地を目指して~
    あらゆる人の感性において良い見え心地の実現には「ゆがみ」や「ぼやけ」を排除するしかありません
    設計にこだわり可能な限り「ゆがみ」を取り除くことで自然な見え心地をめざしたレンズです


    ←画像クリックでセンチュリーAI詳細ページにとびます

  • 用途に応じて その1

    メガネのレンズはお使いになる方の用途に応じて種類は様々です。
     *ドライブや映画鑑賞などの「遠く専用」
    *読書や手芸などの「近く専用」
    *読書からドライブまで一つのメガネですむ「遠近両用」
    *読書からテレビ位までの距離を一つのメガネで使える「中近両用」
    *30cm~1mくらいまでの距離が見られる「近々レンズ」
    *学生さんから30代位までの方へのおすすめ・・・調節サポートレンズ・スマホ専用レンズ

    メガネをおつくりになる際ご自分が一番何に不自由を感じているかを明確に伝えて下さるとありがたいです。

  • ネッツペック

    用途に応じて その2 「ちょうどいい光で暮らそう」~調光レンズ~

    調光レンズとは・・・

    紫外線量や太陽光によってレンズの色の濃度が変化するレンズです。

    屋内では通常メガネ

    屋外ではサングラスとして様々なシーンでご利用いただけます
    ←イラストクリックで調光レンズ詳細ページへ